ライフプラン作成・生命保険・住宅購入・資産形成・相続のご相談を通じて生活設計をサポートします

FP花園の紹介

本店

人口減少時代の雇用と働き方【FP花園メルマガ】<2016年12月7日号>

2016/12/7  【メルマガ一覧へ戻る

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

※お財布救急隊のHPが新しくなりました!
  新たなスタッフも加わり、ご相談も全国対応可能です!

 

★ライフプラン作成はこちらから★
http://www.fp-hanazono.jp/s_lifeplan.php


★生命保険相談★
http://www.fp-hanazono.jp/s_insurance.php


●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

 

おはようございます、宮本です。

 

私が昔飲食業界にいたせいか、

 

ニュースで食品や飲食業界のニュースを耳にすると気になります。

 

先日もインターネットニュースを見ていると外食レストラン

 

「ロイヤルホストが24時間営業廃止へ 定休日も導入検討」

 

といった見出しが出ていました。

 

個人的にとても気になっている分野なので記事を紹介しながら
話を進めていきたいと思います。

 


____________________________________

 

■ 人口減少時代の雇用と働き方
 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


今までロイヤルホストをはじめ、ファミリーレストランというと
24時間営業が当たり前、といった感じでいましたが

 

今回紹介するロイヤルホストは来年1月までに
全ての店舗で24時間営業を止めるそうです。

 

また早朝や深夜の営業短縮も進めて、
定休日も検討しているとのこと。

 

外食業界で定休日が設けられるようになることは、
まだまだ珍しいそうですが、

 

個人的には今の慢性的な人手不足が解消されなければ
4~5年もすればこういった事は当たり前になるかもしれません。

 

ちなみに業種は違いますが、
今百貨店業界では定休日の復活が相次いでいるそうです。

 

このロイヤルホストですが、

 

早朝や深夜の営業時間を進めていて全店平均で
前年比30分超短くなったそうです。

 

営業時間の短縮の背景には

 

・人手不足で賃金が上がっている

 

・人件費の上昇をカバーできるほどの売り上げが立たない

 

・人が採用できない

 

そして無理に営業を続ければ、
社員に長時間労働の負担を掛けることになってしまう
ということからの決断だったんですね。

 

こうした早朝や深夜の時間帯から撤退(切る)した分、
昼食や夕食の時間帯のスタッフの配置を強化して
対処する考えだそうです。

 

 

この人手不足の影響により商品の値上げにも影響が出てきています。

 

いくつか紹介すると

 

カレーハウスCoCo壱番屋では一部店舗でポークカレーを
12月1日から21円の値上げ。

 

ハンバーガーチェーンのフレッシュネスバーガーでは
今年の4月から主力のハンバーガーの価格を30円値上げをしています。

 

余談ですが、

 

この記事を読んだ時、
24時間営業を完全に止めるという決断をしたロイヤルホストの
経営陣は覚悟を持った勇気のある決断をしたな~と思えました。

 

ファミレス業界がいつから24時間営業をしていたのかは
分かりませんが、今までの当たり前、習慣、伝統を変えるという事は
とても勇気がいることです。

 

しかも大手のライバル会社が、ほとんどのところがまだ24時間営業を
継続している中ですから。

 

 

次に特に人手が足りない業界の有効求人倍率を見てみました。

 

・建設くたい工事 約8.5倍

 

・保安(警備員など) 約6.5倍

 

・接客、給仕(飲食店やホテル) 約3.5倍

 

全業界でみると 約1.4倍

 

ちなみに一般事務は 約0.3倍

 

となっています。

 

※建設くたい工事で見ると、ひとりの求職者に8社以上が採用に
  手を挙げている状態になります。

 

このファミリーレストランの話しではないですが、
先日ある会議で東京の結構グレードの高めのホテルを利用する
機会がありました。

 

この時に給仕(食事を運んでくれる人)してくれた人は、
インド系の人でした。

 

特に不自由な事はありませんでしたが、
有名ホテルでも日本人でそれなりの接客サービスができる人を
確保するのは難しくなってきているのかもしれませんね。

 

 

昔は嫌われる職業の事を3Kと言い

 

・きつい、汚い、危険

 

でしたが

 


今は新3Kとなり

 

・きつい、給料が安い、休日が少ない

 

業種が求職者には敬遠されているとのことです。

 


この3K職種の代名詞的な建設業界では、
今から約20年前の1997年と比較して、
2015年は約3割作業員数が減少しているそうです。

 

そしてより深刻な事は、30歳未満の若手の人が、
全体の建設作業員の約1割しかいなく、

 

建設現場での職人の技術を引き継ぐ若い人がいないことだそうです。

 

今の人口減少はこれから未来の生産年齢人口が減り続けて
行くことになる訳ですが

 

この生産人口の減少を大きく影響を受けているのが、
今まで低賃金で多くの雇用を確保してきた建設業界であり、
飲食などのサービス業界、保安業界と日本総合研究所では
分析されています。

 

ファミリーレストランの「すかいらーく」は昨年9月正社員と
パート、アルバイトの定年を60歳から65歳に延長し、

 

さらに70歳までの再雇用制度も新設し健康でやる気があれば
年齢を問わない制度としたそうです。

 

今のところは足りない人員を、定年延長でしのいでいますが
今に健康であれば80歳まで勤務!

 

なんて時代になるんじゃないでしょうか。

 

私の周りの自営業者の人は、80歳であっても健康であれば
仕事をしている人も結構いるので会社員は65歳まで勤務とか、
自営業は定年が無いといったこうした概念自体が無くなる
時代が来るかもしれません。

 

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

※お財布救急隊のHPが新しくなりました!
  新たなスタッフも加わり、ご相談も全国対応可能です!

 

★住宅購入相談★
http://www.fp-hanazono.jp/s_house.php


★住宅ローン借換相談★
http://www.fp-hanazono.jp/s_loan.php

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

FP花園営業所

カテゴリー

メルマガ登録